速報 オリンパスからF1.2シリーズの単焦点レンズ2本が発表されました!

F1.2シリーズ

F1.2シリーズ17㎜&45㎜の発売日がついに決定!

しばらく前からデジカメinfo様などで噂になっていた、オリンパスの開放F1.2単焦点レンズシリーズの17㎜&45㎜の発売が発表されました!

正式名称及び発売予定日は以下の通りになります。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」(35mm判換算 34mm相当)2018年1月下旬発売予定
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」(35mm判換算 90mm相当)11月24日(金)発売予定

これで、すでに発売済みの「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」を含めて、広角、標準、中望遠の良く使う焦点距離の3本が揃う事になり、マイクロフォーサーズのレンズ群がますます充実してきました。

コンセプトは美しくにじむボケの実現

このF1.2シリーズのコンセプトで一番大事にされた部分はボケの美しさです。ご存知のようにマイクロフォーサーズはイメージセンサーの大きさがフルサイズやAPS-Cサイズと比べて小さいため、ボケの大きさの面ではやや不利になっています。

その点を解消するのがF値の小さいレンズ、いわゆる明るいレンズです。

しかしそれだけでは十分ではありません。二線ボケ(リングボケ)などの汚いボケ方を解消しなければ、本当の美しいボケにはならないのです。

その点を解消するために、このF1.2シリーズには色々なテクノロジーが搭載され、ピント面からアウトフォーカス面にかけてにじむように溶けていき、背景も滑らかに描写され、人物などの主要被写体により一層の立体感を感じさせる「美しくにじむボケ」を実現しています。

そのテクノロジーの一つに特殊レンズがあります。

今までのオリンパスレンズにも、色収差を効果的に抑えるEDレンズやレンズ中央部と周辺部の厚さの比が極めて大きいDSAレンズなどの特殊レンズが多数採用されてきましたが、M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROでは、その二つのレンズの特徴を合わせ持った「ED-DSAレンズ」が新開発され搭載されました。

また、これらのレンズには特殊レンズを含めた多数のレンズが搭載されています。(45mm F1.2 PROの場合10群14枚)

レンズ枚数が多くなると光が透過する枚数や反射面が多くなるので不利な面も多くなるのですが、ナノサイズの粒子をレンズ表面に敷き詰める「Z Coating Nano」コーティングにより、ゴースト、フレアを大幅に低減し、ヌケの良いクリアな描写を実現します。

もちろん、PROレンズですから防塵・防滴・耐低温性能も万全で、あらゆる撮影シーンに対応しています。

欲しいレンズがまた増えました^^;

スナップ用には17㎜が良さそうだし、美しいボケを堪能するならやっぱり45㎜だよね。その両方を満たすなら、既発の25㎜標準レンズが良いのかなあ・・・

マイクロフォーサーズユーザーには、嬉しくも悩ましいレンズがまた増えてしまいましたね(笑)









M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

ED25pro

  • レンズ構成:14群19枚
  • 最短撮影距離:0.3m
  • 最大撮影倍率:0.11倍
  • 焦点距離:25mm
  • 35mm判換算:50mm相当
  • フィルター径:φ62
  • 光学式手ぶれ補正:なし
  • 大きさ:最大径φ70mm、全長87mm
  • 重量:約410g

オリンパスが新たにスタートさせた開放F1.2大口径単焦点レンズシリーズの第一弾。35㎜換算50㎜の直球ど真ん中の標準レンズです。その作例を色々と見て回って最初に思ったのは、その見事なまでのボケ具合です。ピントピークからなだらかに滲むようにボケて行き、嫌なボケの輪郭は皆無。おかげで主要被写体に目が吸い寄せられます。もちろん、開放からシャープな像を結びますから、積極的に絞り開放で撮影できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です