CP+2018に行けばマウスコンピューターDAIVが当たるかも!?

DAIVが抽選で当たる

どもども!あきです(^^♪

今年もまた、写真&映像製品の祭典CP+の季節がやってきましたね!

ご存じない方に簡単に説明しておくと、CP+はNIKONやCanonなどのカメラメーカーから中小の周辺機器メーカーまでが一堂に会す展示会で、言ってみればカメラ業界の東京モーターショーの様なイベントです。

会場は今年も横浜のパシフィコ横浜で、3月1日(木)~3月4日(日)期間に開催されます。

入場料は1,500円(税込)ですが、事前登録をすると無料で入場できますので、まだの方はリンクから事前登録を済ませて無料でショーを楽しみましょう。

マウスコンピューターブースではDAIVが当たるキャンペーンを開催!

このブログでも複数の記事で紹介した、マウスコンピューターのクリエイター向けパソコンDAIVが抽選で2名に当たる太っ腹のキャンペーンが開催されます。

マウスコンピューターDAIV!Quadro搭載でRAW現像&レタッチ激速タワーPC実機レビュー外観&スペック編

マウスコンピューターDAIV!Quadro搭載タワーPC&M.2 SSD搭載ノートPCレビューベンチマーク編

DAIV

機種は「DAIV-DGZ520E3-SH2-RAW」通常販売価格:129,800円(税別)です。

コスパの高さで定評のある最新の第8世代CPUインテル® Core™ i5-8400 プロセッサーを搭載し、グラフィックスボードにはGeForce® GTX 1050 (2GB)搭載とRAW現像はもとより、ゲームも十分に楽しめるスペックです。

メモリーも16GBと十分で、起動ドライブはもちろんSSD

USB3.0接続 高速カードリーダーが付いているのも、写真データを取り込むことが多い私たちアマチュアカメラマンには地味に嬉しいポイントですね。

そして、何と言ってもキャスターの付いた素晴らしいケースが手に入ります!このケースはかっこ良くて実用性も素晴らしい、本当に良いケースです。

このパソコンをベースに少しずつパーツを交換していくのも良いですね。CPUをCore™ i7に交換して更なる高速化を図るのも良いし、もちろんメモリーを爆盛りするのも良いでしょう。

写真と共にゲームも趣味ならグラフィックスボードを更に高性能なものに変えれば、重いゲームでも楽々動きます。

もちろん、RAW現像やフォトレタッチには十分な性能なので、このまま何もいじらなくても何の問題も無いですよ。

頑張ってレビューするので、私に当ててくれないかなあ(^_^;

詳しいスペックはこちらからお確かめ下さい。

マウスコンピューターブースはイベントも盛りだくさん!

CP+の楽しみの一つに普段は雑誌やテレビ、Webサイトでしかお目にかかれないカメラマンの方達の生の声を聞けることでしょう。

もちろん、マウスコンピューターのブースでも諏訪光二氏を始めとした有名写真家のセミナーを聞くことが出来ます。

イベントスケジュール

他のメーカーのブースでも魅力的なセミナーがたくさんあるので目移りしてしまいますが、諏訪光二氏の「ビッグデータ処理でもDAIVは強い味方~Photoshop/Lightroomでの処理の流れ~」は是非とも参加したいです!

まとめ

ここ数年は毎年、朝一から終了時間ギリギリまで丸一日をかけてブースを回っていますが、それでも時間が足りません。2日間行ければ見たいセミナーを全て回れると思うけど、さすがにそんなに時間とれないですからね。

これから各社のイベントスケジュールを見ながらタイムスケジュールを組んで、効率よく回れるようにしたいと思います。

とにかく楽しみです!

コンパニオン撮影も・・・(^_^;

ではでは。

 



 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です